トップ

一戸建て住宅の設計で大切な事

理想の一戸建て住宅

風水を取り入れた住宅を建てる

一戸建て住宅を建てる時には、そこに住む人にあわせて間取りを設計します。部屋数や配置などを、生活スタイルや家族構成などを考えながら設計します。さらに、風水を取り入れて、縁起のよい間取りにしようという人もいます。風水を取り入れた住宅を建てるには、その知識がある人が関わる必要があります。自分が詳しい場合には、設計士と相談しながら設計をすれよいですし、専門家に依頼をするという方法もあります。中には、そのような依頼に対応できる設計事務所などもあります。理想の一戸建てを建てるためには、いろいろ調べみることも必要です。

一戸建ての間取りは良く考えて

一戸建ての住宅を持つことは、誰もが願望し夢見る事です。使い勝手の良い間取りと、快適な住空間の住宅にしたいものです。しかし中には余りにも風水に凝って、使い勝手を悪くしている場合もあります。風水や家相学には道路より低い敷地は避けるとか川の近くの土地は避けるなど、湿気対策や洪水対策などの理にかなったものもありますが、現代では気にする必要の無いものも多々あります。取り入れる場合はそれらを良く見極めて、不自由な設計にならないように注意しましょう。一戸建ての間取りは日当たりや風通しがが良く、住む人が安全で快適な住空間にしてやりましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 一戸建て住宅の設計で大切な事. All rights reserved.